• TOP
  • エコカジーってなに?
  • 樹から生まれた手袋
  • 1 PAIR for 1 LOVE ダンロップホームプロダクツの社会貢献
  • 他にも、大規模災害義援金寄付などの活動を行っています。
  • NEWS
  • 2018.04.01 災害義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2017.10.01 九州地区大雨被害に対する救援物資を、お贈りしました。
  • 2017.04.01 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2016.04.01 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2015.03.31 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2014.08.29 南木曽町豪雨災害義援金、広島県大雨災害義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2014.03.31 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2013.03.31 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。
  • 2012.01.20 東日本大震災義援金を日本赤十字社を通じ、お贈りしました。

カーボンオフセットを目指して マレーシアでの植樹活動

主な製品生産国であるマレーシア・ボルネオ島の「ダンロップホームプロダクツの森」での植樹活動は、地球環境保護のため、オランウータンの生育地となる原生林に近い環境づくりを進めています。


※画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

画像00

2014年度 成長を実感!(4ha:約1600本)tree

  • 記念植樹
  • 初年度の木
  • 数年後
  • 記念撮影

今年で5年目の植樹活動は、初めての海外を体験した社員を含め4名が担当!
ダンロップホームプロダクツの森も広がり、初年度に植えた苗もすっかり木々らしくなっていました!
それらの木々は今後、自然と立派な木に成長していくそうです。

2013年度 森が広がっています!(4ha:約1600本)tree

  • 植樹体験
  • 3m近くに成長!
  • カカオ
  • 記念撮影

 植樹活動も4年目を迎えました。園芸用手袋を着用し植樹体験!
現地の方のお手入れのお陰で、植えた木は順調に成長しています。
広い森の中での移動は大変でしたが、空気がおいしくてとても楽しかったです!

2012年度 すくすく成長中! (4ha:約1600本)tree

  • 1.オランウータン
  • 3.植樹
  • 7.植樹後2年
  • 8.現地の方と記念撮影

3年目を迎えた植樹活動。2012年ももちろん植樹体験をしました。
オランウータン親子を間近で見ることができてとても珍しい経験ができました。
初年度に植えた木は2メートル以上に成長しています!

2011年度 成長の確認・・・ (4ha:約1600本)tree

  • 9.ラフレシア
  • 10.植樹中
  • 11.パイナップルを発見!
  • 12.植樹後1年

2年目の訪問では森林公園で幸運にも世界一大きい花ラフレシアを観賞できました。
このような熱帯植物も育つようにと、植樹体験をしました。
1年目に植えた植物は既に2メートル近い大きさまで育っています。

2010年度 植樹スタート! (2ha :約800本)tree

  • 13.植樹スタート!
  • 14.植樹体験
  • 15.苗
  • 16.記念撮影

初めての植樹活動は、現地の方に手伝ってもらいながら実施しました。
わずか40センチ程度の樹木がどこまで成長するか楽しみです。
絶滅の危機にあるオランウータンが住むことができる、原生林を目指します!

現在のマレーシアの森は、本来あるべき熱帯雨林ではなく、生態系がみだれております。環境植林を施し、熱帯雨林が再生して野生のオランウータンが住める状態になってはじめてあるべき姿に戻ります。植樹してから5~10年が経つと、雑木よりも背が大きくなり、やがて雑木に光が当たらなくなり枯れていきます。 今回の植樹活動では、雑木が生えているダンロップホームプロダクツの森の地域に原生樹木3種を一人5本ずつ植えました。CO2の吸収だけでなく生態系の保護という面でも、植樹は非常に重要な活動です。

マレーシアボルネオ島の植林地

アイコン公益社団法人マレーシア協会アイコン※別ウインドウで開きます。

TOPへ戻る ライン

女性の健康を支える 日本乳がんピンクリボン運動

女性にとって、最もかかりやすい部位のがん「乳がん」の早期発見、早期診断、早期治療を推進する活動。すべての女性、患者のみなさん、患者の家族のみなさんが涙を流すことのない社会・健康づくりを目指して活動しています。

アイコンNPO法人 J.POSHアイコン※別ウインドウで開きます。

TOPへ戻る ライン

男女ともに活躍する社会づくり 男性の家事・育児への啓発

父親の積極的な子育て・家事への参画を啓発する「ファザーリングジャパン」の活動を支援。家事を母親任せにしない、家族全員が活躍できる社会の実現を目指します。

アイコンNPO法人 Fathering Japanアイコン※別ウインドウで開きます。

ダンロップホームプロダクツは、さんきゅーパパプロジェクトに協賛しています。

「さんきゅーパパプロジェクト」とは、改正育児介護休業法でパパだけに認められた産後8週間の育児休業を「パパ産休」と名付け、この期間に育休を取得する男性(さんきゅーパパ)を増やすことで父親の育児参画を促し、子育て家庭における夫婦の調和、親子の絆を確かなものとする活動のことです。

アイコンさ んきゅーパパプロジェクトアイコン※別ウインドウで開きます。

TOPへ戻る